スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽イソメテスト最終回?

前回、偽イソメはハゼどんにどれだけ通用するか釣行で
惨敗を喫した管理人。
やはり偽物は通用しないのか?
素直にアオイソ使っていればもう少し釣れたかもしれない。
いやいや、近所釣り師が「今日はまるでダメだ」と言っていたので本物でもダメだったのかもしれない。
しかしそこはヘッポコルアーマンの端くれ。なんとか偽イソメで釣果を上げたい。

そんなこんなで結局今日もハゼ釣行(笑)
偽イソメ2種類と、アオイソメを用意した。
で、今日のポイントは内房でも比較的ハゼの魚影が濃いと
されている木更津周辺。そこから選んだポイントは2箇所。
TS船溜とFB船溜だ。
以前通り掛りに覗いた程度で竿を出すのは今回が初めて。

今日は比較的のんびり出かけてTSFD現着はAM6時。

<TS船溜>分かり辛いが写真奥に船溜がある。
TSFD

なにせ始めての場所で、海底の様子が分からないので
錘だけ投げて様子を見ると一面藻だらけ(泣)
こんな状況じゃ~仕掛が幾つあっても足りないのでここは
早々に見切りをつけ、FBFDに移動した。

<FB船溜>船道を撮影。
FBFD

到着してみると、車横付けで釣りが出来そうだ。
早速仕掛けを用意し針にアオイソメを付ける。
今日は良型(天ぷらネタ)を釣りたく、はぜ針の7、8号を用意した。
まずは足元から探ってみると、早速何かがコツコツ当たってくるが針掛りしない。
うむ、なんだろ?と、そーと仕掛けを上げてみると、
チビコトヒキの大群がイソメを弄んでいる。

即移動!

何処にしようかな~と、港内をうろついていると小漁船用の
個別スロープが目に止まった。
スロープ

こんな所にハゼどんは隠れている筈なので、無数にあるスロープに狙いを定め釣り歩くことにした。
スロープの支柱際に仕掛け(餌は本物)を降ろし、誘っていると、早速ブルブルとアタリがきた!
いたいた、やっぱりいたよ~と、興奮気味の管理人(笑)
10cmちょいのハゼどんがあがってきた。

この場所にハゼがいることが分かったので、いよいよ偽イソメの出番だ。
最初はアカイソメタイプでテストしてみる。

支柱際にそ~と仕掛けを降ろして誘っていると…  シーン…
スロープの切れ目に降ろして誘っていると…     シーン…
アオイソメタイプに変えて誘っていると…       シーン…
餌を本物に変えて支柱際で誘っていると…    ブルブル…

がああ~ん、偽物ダメじゃん(泣)

全くアタリが無いわけじゃあないけれど、前回同様
食いが浅い。
口にしてすぐに吐き出している感じだ。
付け方や大きさなどいろいろ試してみたが、どれも同じ。
うう~ん、やはりハゼにガルプは通用しないようだ(泣)
キスなんかはある程度ガルプでも釣れるのだが…

ハゼだってれっきとしたルアー対象魚だ。
今回だって無反応ではなく、口にはしているのだ。
鶏並みの脳みそをフル回転させ導き出した結論は2つ。

①ガルプ汁の臭い(味)がハゼは嫌い。
②ガルプの堅さ(本物に比べかなり堅い)


①はそこにハゼがいるのになかなか食ってこないから。
②はキスのように餌を吸い込むタイプであれば、
吸い込んだ後に違和感を感じるわけで吐き出す際に針掛りが考えられるが、ハゼのように餌に食らい付くタイプだと噛んだ瞬間に違和感を感じ即座に吐き出している様に思われる。
おまけにあのデカイ口なので針掛りも難しそう。

こうして考えるとハゼについては偽は厳しそうだ。
偽イソメテストも今回で最終回かな?

しか~し!

上記の問題点をクリアーしている偽イソメがあるのだ。
それは…

マルキュー・バイオワームだ。

臭い成分(味)はイソメ成分たっぷりで、何より柔らかい。
こいつならイケルかも知れないぞ~!
と言う訳で次回釣行時使ってみることにした(笑)

そんな事を考えつつ、お昼ころまでスロープ撃ちをした。
この漁港は確かにハゼどんの魚影は濃いようだ。
針掛かりしないアタリが沢山あった。
(針のサイズを大きくした為)
漁港にある無数のスロープはすべてポイントと言っても過言ではない。
おまけに水質も良好で、MT川がドブ川に思える(笑)
ただMT川に比べ全体的にサイズが小さい。
やはり河川の方が餌は豊富で成長が早いようだ。

<今日の釣果>
ハゼ釣果

小物中心で40匹。リリース多数。
この場所は1ヶ月後位に行くと面白そうだ。
ハゼどんが何処まで育っているか、楽しみ楽しみ(笑)
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ハゼ惨敗(泣)

今日午後からのんびり、近くのMT川にハゼ釣りに行ってきました。

恐ろしい計画(笑)で手に入れたロッドの使い心地と、偽イソメの実力調査の目的で。

ニューロッド

ロッドの方は安いながらとても良いロッドだった。
並継らしく芯のあるカチッとした感じが好感触。
6号錘までなら余裕でキャスト出来る。
感度もこんなもんでしょう。
ハゼ釣り専用なら全く文句無く良いロッドだと思う。

今回は6ft仕様で投げてみたが、MT川にはピッタリ!
もう少し広い河川では7ftに出来るので使い勝手も良さそう。
ただ、せめてトップガイドだけでもSiCにして欲しかった。
ナイロンよりPEのほうが断然ハゼのアタリを楽しめるので。
ま、安く手に入れたので自作でガイドを変えても面白いかもしれません。


偽イソメ(ガルプ)はしっかりアタリがあった。
ガルプ

ただ、やはり本物に比べて食いが浅い様に思う。
活性が高ければ本物と大差なく釣れそうであるが
それ以外は?。
やはり予備餌と考えたほうが良さそう。
しかし餌持ちが良いので、高活性時には手返し良く釣れそうである。


で、釣果ですか?
釣れましたよ、確かに釣れましたよ。

4匹釣れました!

それがなにか?

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

近場でマッタリハゼ

今日は以前約束していた次男坊とのハゼ釣行。
前回の南房釣行では釣り場の遠さに辟易したとか。
で、希望を聞くと近くで釣りたいと言う。

クククク~、そう言うと思ったよ、父さんは(笑)

で、今日の釣り場はMT川。
MT川

河口から1キロ~1.5キロ上流だ。
通勤時通り掛るので、都度釣り師のチェックをしている。
ここの所ハゼ釣り師がそこそこ居たので、まあ釣れてはいるのだろう。(河口は以前、ルアーシーバスで世話になった)

潮の関係から朝食を取って、のんびり家を出た。
コンビニで食料を到達して、ポイント近くの餌屋でアオイソを購入。ポイントに到着すると…

釣り師が誰もいない。
あれ~おかしいな。釣れないのかな~?
普段は誰もいない釣り場は大歓迎なのだが、なにせ次男坊と一緒なので、釣果が重要。

お父さんは子供に良いところを見せなければ
いけないのだ(笑)


まぁなんとかなるべ~と、釣りを始める事にした。
ポイントを決め道具を用意しているとこの時点でもう汗だく!
強烈な暑さだ。ホントにこの暑さは狂っている。殺人的だ。

仕方ないので橋の下に店を広げ、ここを拠点に釣り歩く事にした。
橋下

最初は橋脚周りを攻めるとすぐにアタリがある。
すかさず合わせると、デキハゼ君が合いに来てくれた!
1号ハゼ

次男坊も同時に釣りあげている(やったね!)
それから2人で数匹釣り、橋脚周りでアタリが遠のいたのでそれから遠投、足元、停泊船の下、ハゼがいそうな
場所に仕掛けを投入する。

飽きない程度に釣れるが、全体的にサイズが小さい様で
なかなか針掛かりせず餌の食い逃げ多発(なんか悔しいぞ)
針のサイズも大きい(ハゼ針7号)せいもあるが、なんとか
顔を見たくて、餌付けを色々試してみた。

その結果ハリスまで約1cmこきあげ、タラシ無しの餌付けが大正解!!
クチボソサイズのハゼがガンガン掛かってくる。
(すべてリリース)
デキハゼ

楽しい~!!こんな小さなサイズなのにアタリは鮮烈だ。

その後昼食を取り暫し休憩後、釣り再開。
飽きない程度にアタリがあり、15cm程のハゼも釣れる様になった。
次男坊もポツポツ釣っている。

「どうだ?楽しいか~?」

「うん、楽しい」


そうかそうか、それは良かった。

「でも、もう帰りたい」

ガクッ、なんじゃそりゃ。わかったわかった、じゃぁ帰ろう。
「今日も暑かったもんな、さすがに辛いよな~」
てなことで本日これにて納竿。

<今日の釣果>
ハゼ釣果
デキハゼドン25匹。
クチボソサイズ、リリース多数。
もう少し釣りたかったが、型が大きくなる今後に期待しよう。

<から揚げと天ぷら>
ハゼ天

管理人得意の揚げっ放し盛っただけ(笑)
大き目のものを天ぷらにして後はすべてから揚げに。
揚げながら管理人が3匹つまみ食いした事を、家族は
知らない(笑)

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ハゼ、釣れません。

今日は南房で、ルアーマゴチ&シロギス釣査を目論んでいたのだが…
台風の発生で、波高4メートルうねりとの予報が出てい為
躊躇なく南房は諦めた。

さてどうしようかな、などと考えていると、次男が 「ハゼが食べた~い」 
とのリクエスト。
そうだ、今年はまだ一回もハゼ釣りしていなかった。
ターゲットを決めかねている時は、家族に聞くのが一番良い。
もっとも管理人の場合、選択肢は少ないが(笑)

そんなこんなで、到着したのは外房、NBK川。
まず、河口まで下って外海チェック。

002_convert_20090908102512.jpg

あれれ…
なんだかあまり荒れていませんね~。南房行けば良かったかな?
否、男たるもの、「自分が決めた道を進め!」
とは言う物の、ほんの少し心残り。

反対の堤防を見てみると
NBK対岸
イシモチ狙いと思われる釣師が数名、竿を出していた。
その近辺は波が高くなっているのでお気を付けください。

などと心配しつつ、最初のポイントに入った。
虎橋
<虎橋周辺>

道具をセットし、イソメをひつまぶしにして針付けし第一投。
置き竿にして様子を伺う。
しばらくすると、あちらこちらでボイルが発生。
おお~!これはチーバスだな。などと考えるが早いか、すでに
シーバスロットを 手に取っていた(笑)
ルアーボックスを覗くと… 
やっちまった~、ワーム忘れちまった~(泣)

管理人の経験上、チー様はワームでないとなかなか釣れない。
仕方ないので、メッキ用の5cmミノーを投げるも、バイトはあるが
フッキングしない。

そうこうしていると、置き竿にアタリが。 10センチのチーバスです。
その後、同サイズのチーばかり5匹釣ったところで、ポイント移動。

次のポイント ↓
レンガマンション下
<レンガマンション下>

ここは、去年、一昨年とガルプで良い思いをしたポイント。
今回は本物持参なので、期待が膨らむ。
やっとこさ餌付けし、投入。積極的に誘いをかけていると、派手なアタリが。

上がってきたのはこいつ ↓
ちんちん
<かわいいチンチン>
撮影後、即リリース。 大きくなってね(笑)

しかし、ハゼのほうはまったくもって渋い。
ポツリ、ポツリとアタリがある程度。おまけに食いが浅い。
おかしいな~、潮位は高いし流れも程よくある。
いればすぐに食ってくるはずなのに…

"ヘタこいた~!?"

と、黄昏ていたとき、地元の釣りおじいちゃん登場。
おじいちゃん曰く
「ハゼ、今年はかなり遅れてるみたいで、なかなか釣れねぇお
もう暫くしてから来てみな」

はい、そうさせていただきます。
と、ゆうことで悔しいが、本日は納竿とした。
やはり今年の低海水温が原因なのか、ハゼまで渋いとは。
ヘタレな管理人には、今年の海は厳しすぎるかも?

<本日の釣果>
マハゼ     6匹
ウロハゼ   1匹
チーバス   6匹(リリース)
チンチン    3匹(リリース)

NBK川釣果
   

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:シーバカ
千葉県在住の
ヘッポコルアーマンです。
キャッチアンドイートを目的に釣りをしている、メタボ系オヤジです。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
タイドグラフ
天気予報
お気に入りメーカー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。