スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーフヒラメ連敗

 ここの所寝ても覚めても、ヒラメのことで頭がいっぱいの管理人。
ようやく天候及び海況が良くなってきたので、26日午後から27日午前中
までサーフルアーヒラメに行って来た。

26日は外房サーフでランガン。
27日は南房サーフでランガン。
夜南房に移動しながら、途中の漁港でアジングの予定だが…

タイトルで分かる通り、大撃沈しました。
出発から帰宅まで25時間、走行距離300㎞の強行軍。
釣れた魚は26cmのアジ1匹のみ(泣)
身も心もヘベレケのクタクタになってしまったので、記事のほうは簡単に
させて頂きます。

<クスリハウス海岸>
011_convert_20091127170604.jpg
外房1ヶ所目のサーフ。
ここは向かい風が強く、ルアー投げても戻ってしまう。
底は岩礁帯交じりなので、バイブレーションはやばい(笑)
即座に撤収!

<外房サーフその2>外房サーフその2
ここは以前、ソゲチャンのライズを目撃した場所。
海面から約30cm位、飛び出していた!
ヒラメのライズをはじめて目撃して興奮した管理人(笑)
釣れそうな気がしないでもない。
外房その2日没
夕マズメ時、バイトが3回有ったが、フッキングせず。
ルアーの噛み跡を見るとマゴチか、シーバスの様であるが
おそらくマゴチだと思われる。

<南房某サーフ>
004_convert_20091127175110.jpg
海面から湯気が立っており、なんかヒラメよりキス釣りのほうがよさげ(笑)
南房サーフはここ以外にも3ケ所ルアー投げたが、まったくの無反応。
がっくり肩を落として帰路に着いた。
ここから帰路2時間。拷問のような時間だった(号泣)


<帰路の風景>
紅葉が始まった房総の山々。
しばらくこの景色を眺めて心の傷を癒しつつ、ヒラメリベンジを誓う
管理人であった。
帰路の風景
帰路の風景2
スポンサーサイト

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

 千葉県内及び千葉近郊の釣り場に行く時は、高速に乗らず
ひたすら、一般道、抜け道、回り道 、獣道を駆使して釣り場に
向かう管理人ですが、館山方面に向かうとなると、夜中で1時間40分程。
昼間だと2時間チョイは確実に掛かってしまいます。

なぜ、高速を使わないかって。
そりゃ~、単純に貧乏でお金が無いからです(笑)
本音で言えば "お金で時間を買いたい"が、無い袖は振れない。
高速代でルアーが買えるしね。

じゃ~、ガソリン代は?
管理人の愛車(洗車したことがない)某メーカーの660cc。
のんびり走れば、リッター14~16㎞走れるので、館山まで
往復でガソリン代1500円チョイ。
会社支給の通勤費が浮いているので、+αで1ヵ月乗り切れます。

まぁ、貧乏自慢していても仕方が無いので、本題の癖について…
前記の様にポイントに到着するまでに、膨大な時間(大袈裟)を費やすわけだが
その為車中はかなり暇。
お気にのCD聞いたり歌ったり、居眠り運転したりで暇つぶし。
そして30分位運転すると必ずある欲求が…

なぜか無性に無性に ポテチ が食べたくなるのです。
そして飲み物はもちろん コーラ
この組み合わせが必ず食べたくなる。決まって出発30分後に(笑)
あんなもんジャンクで体によくないし何より歳を考えろよ、と言われそうですが
何度も何度もやめようと試みるも、夢遊病者の様に気が付けば
食べてる始末。
これが原因かどうかは定かではないが、こんな癖が始まって1年。
体重が5キロも増えてしまった。
尿酸値が高めの管理人。痛風発作のカウントダウンが始まりそう(泣)

こりゃ~高速乗って"お金で健康を買う"の方が良さそうです。

<お気にのポテチ>
010_convert_20091120134205.jpg
このピザ野郎は絶対に外せない。
ポテチの絶対条件はギザギザ厚切りです。
ダイエットコーラが無駄な抵抗(笑)

久しぶりの湾奥で

 今回は野暮用があって、今日の午前中しか竿が出せない。
先週の大雨やら昨日の風で、何処のポイントも厳しそうである。

うう~ん、困った!どうしようか?今回も安静にしていようかな~?
ホントはサーフでヒラメ狙いたいところだが、時間も無いし…

そうだ(ポン)、シーバスだ。シーバス狙いで行こう!!
シーバスなら近所にお手軽ポイントがあるし、午前中十分楽しめる。
ボーズ菌感染症のリハビリにもなるし。

ということで、今回はシーバッシング。
よくよく考えたら湾奥シーバッシングは約3年ぶりだ!
久しぶりにシーバスの引きを味わいたくなり午前5時、某堤防に到着した。
この場所は過去、50本はシーバスを釣っている場所だ。
ストラクチャーの場所や水深、流れなどわが家の様に把握
しているので、期待が高まる。

<湾奥ポイントその1の夜明け>
湾奥ポイント

ポイントは風も弱く穏やかだが、昨日の強風の為かうねり気味。
まぁなんとかなるべ~と、ルアーをセットして準備完了。
するとすぐそばで ガボッ シーバスのボイルだ!
おお~、いるいる。こりゃ~釣れるぞ~。
と、年甲斐も無く興奮する管理人(笑)

まだ暗いので、グロー系のワームにUVランプを当てて、発光させてから
期待ワクワクの第1投!
まずは表層からリトリーブする。するとココンとショートバイトが続く。
少しコースを変えてリトリーブすると、まともやショートバイト。

どうやらセイゴちゃんのバイトの様だ。4インチのワームを食いきれないらしい。
まぁセイゴちゃんはお呼びで無いので無視して投げるが…
状況は変わらず、ショートバイトの嵐だ。

なんとなく嫌な予感がしなくも無いが、とても不安(笑)
まわりが薄明るくなってきたところで、Fミノーにチェンジし
先ほどからボイルしてる場所狙いに切り替えた。
満潮からの下げの影響で、右から左にかなり強い流れが発生している。
流れを計算して、右寄りにルアーを投入。
弧を描くようにリトリーブさせて、ルアーをボイルしている真上に通すと、
ゴン きた~~、バイトだ~!

ここで電撃フッキングの筈が、ワンテンポ遅れた。歳のせいです、はい。
だがなんとかフッキングしている。念のため追い合わせを入れると、
ふっと軽くなった。 があ~ん 外れてしまった(泣)
おそらく掛かり方が悪かったのであろう。
OK,OKこんなことは良くある事だ、次、次行こう。
が、後が続かない。もしかしたらバラシたヤツだけしかいなかったか?
完全に日がに昇ったところでポイント移動(ここは日が昇ると釣れなくなる為)

<湾奥ポイントその2>湾奥ポイント2

ここは水深があるので、バイブレーション系が効く。
そこでセットしたのが、スピナーテール。光を受けてアピール抜群。
ルアーを遠投して、中層まで沈めてリトリーブ開始。
するとすぐにゴンとバイトがあり、今度こそ電撃フッキング。キマッタ~!!
慎重に、慎重に寄せてくると、エラ洗い。ワオ~!最高!!
などと悦に入っていると、なんとまたもやフックアウト(号泣)

バイブレーション系は自重があるため、ラインテンションが抜けると
エラ洗いで簡単に外れてしまう。
それを防ぐために、エラ洗い時はロッドのティップを海面に突っ込むと
良いのだが
それすら忘れていた。やはり3年のブランクのせいか?
ああ~、しばらく茫然自失。

気を取り直してルアー投げるも、大潮のため見る見る海面が下がる。
とっくにタイムオバー。
またもや、やってしまった。ヘッポコ振りの大披露。しばらく立ち直れません。
しょぼ~んと帰路につく管理人であった。

【後記】
3年ぶりの湾奥シーバッシング。バラシたがホントに楽しかった。
間違いなく感覚は鈍っていたが、考えた通りのルアー操作でバイトまで
持ち込めた。(橋脚周りはタイトに攻められなかったが)
このゲーム性の高さがシーバッシングの魅力だ。
これからは時々湾奥でも竿を出そうと思う。

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

ヒラメルアー達

 前回のヒラメ釣行で、完膚なきまでに打ちのめされた管理人。
ボウズ菌に感染して只今面会謝絶(笑)
家で安静にしている事が一番の薬になると、今回は休漁。

漁具の手入れやら庭掃除などをこなしつつ、暇なので
ちょこっとヒラメルアー達を紹介します。

<ミノープラグ>
ミノープラグ

左上から                           
①ima sasuke120                   
②シマノ OCEAヒラメリミテッド(ホッタスペシャル) 
③ダイワ ショアラインシャイナーR50 LD(ヒラメキス)  
④Maria  チェイス SW(コットンキャンディホロ) 
右上から
⑤ima sasuke120裂波(サバ)
⑥ima sasuke120裂波(有頂天カラー)
⑦ダイワ ショアラインシャイナーR50 SSR(チャートバック)
⑧RYOBI s.silent SR

メインは ①⑤⑥(レンジ70~90センチ) 
波が高めの時はレンジ150cmの②を中心に使う。
このルアーは良く飛ぶ。マジで50m位はいけると思う。
初めてのサーフで様子が分からない時や、ツブ根の多い所では
⑦⑧(レンジ30cm前後)

<バイブレーション、スピナー系>
バイブレーション、スピン系


左上から
①Maria マール・アミーゴ24g(オレンジゴールドホロ)
②邪道  クルクル・カウンターアタック22g(藤沢SP)
右上から
③Maria マール・アミーゴ24g(レッドヘッドホロ)
④DUEL ライブベイトバイブブレード(イワシ)
こいつらは、堤防周りの砂地など水深がある場所で使用。
特にスピナー系はボトムバンピングが効果的。アピール抜群です。
しかしフッキングがあまいと自重があるのでバレやすい。
フッキングは確実に!
波が高いサーフでも投げることがあるが、自重があるので引き波は辛い。

<ワーム、ラバージグ>
ワーム、ラバージグ

上から
①静ヘッド+エコギアパワーシャッド4インチ(パールグロー、 ピンクバック)
②シマノ 炎月投式 21g(上)、28g(下)
③MARS 海燕(ベイカタクチ)

サーフ、堤防周りで底を丹念に探りたい時に使用。
②は特にマゴチに有効。ボトムバンピングでネクタイのヒラヒラにイチコロ(笑)
サーフで遠投したい時などにも使う。こいつも良く飛ぶ!
③はまんまベイトフィッシュ。しかしフグの多い所では使えません。
あっという間にボロボロにされてしまう。故に殆ど出番なし。

<メタルジグ>
メタジ

上段
ima GUN吉30g 背黒(左) アカキン(右)
下段
左 メーカー不詳  右 ストリーム甚八JIG28g

近場で反応がない時など、沖を直撃したい時に使用。
リアーにトリプルフックを付けていないので、漂流海草を引っ掛けにくい。
また、根掛りも減らせる。
でも、実際は沖のナブラ打ち(青物)用かな?

<私見>
サーフでヒラメ狙いのルアーマンでジグヘッドオンリーの方を良く見かけるが、
サーフでは、ミノーの方が良いと思う。
ヒラメは目の前の餌より、少し上の餌に反応が良い様だ。
大体底から1m位までがヒラメの射程距離らしいので、遠浅(水深2m位)
の千葉の海ならば、レンジ1m前後のミノーがベスト。
ビックリするくらいの近場で釣れることがあるので。

ちなみに泳がせ釣りでヒラメ40の格言がありますが、ルアーヒラメの場合は
当てはまりませんので、即合わせでOKです。

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:シーバカ
千葉県在住の
ヘッポコルアーマンです。
キャッチアンドイートを目的に釣りをしている、メタボ系オヤジです。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
タイドグラフ
天気予報
お気に入りメーカー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。