本気投げタックル小変更

ここの所、ちょい投げシロギスにこてんぱんにやられている管理人。
ちょい投げでキスの釣果を上げるには、漁港の船道狙いが硬いのだが
管理人の場合、平日釣行メイン(勤務の都合上)なので
当然漁船の往来が激しく、落ち着いて竿を出せない。
それに臆病なシロギスは船が通過すると、とたんに "かくれんぼ"(笑)

誰にも邪魔されず落ち着いて竿を出したい。
となるとやはりサーフの本気投げ、ということになる。
(今後はちょい投げポイントも平行して開拓予定)

で、今回購入予定であった
シマノ・サーフリーダーEV(振出)から↓
サーフリーダーEV

シマノ・サーフランダー(並継)に変更することにした。↓
サーフランダー
サーフランダー ショート

狙いは365EX(オレンジロッド)
3.65m 錘負荷20~30号(標準錘25号) 自重325g

やはりなんと言っても、並継ぎの投げ竿が欲しい。
しかしサーフリーダーEVに+8000円は、貧乏アングラーの管理人にとって
かなり痛い。

なので購入はもう少し先になりそうだ(泣)
スポンサーサイト

何たる事か!?

今日は外房ちょい投げキス釣査に行ってきた。
勝浦~鴨川までの堤防でちょい投げランガン計画。

釣果は…

何もありません、はい。

最大15cm2尾に後はピン4尾。

半日粘ってこれだ

疲れた、途方もなく疲れた。

もう何もする気が起きないから寝よっと・・・・・・・・・


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ネタですか~!?

前回の釣行時、富浦北港をぶらぶら偵察していたらこんな漁船が…

シーバス丸1

一瞬ルアーシーバスの乗合船かとも思ったが、かなりの小型で
定員3名の表記がされている。
こんな船で3人がルアー投げたら、シーバスの前に確実に人間を釣る
羽目になる。
なんだろうな~何が目的の船なのだろうか、と考えていると(暇人だな)
こんな表記がされていた。

シーバス丸2

むむむ~、そうか、そういう事か~と一人で納得する管理人。
おそらく船の持ち主が鈴木さんで、船名を付けるのにすずきだから
シーバス丸(号)にしたのであろう。
持ち主は大真面目で付けたのか、それともネタなのであろうか?
すご~く気になるが、なんか笑える瞬間であった。

シーバス丸3


シロギスは何処に…

先週休みは悪天候の為、出漁できなく悶々としていた管理人。
今日はなんとか出漁できそうだが、天気予報があまり芳しくない。
ここの所2,3日南南西の風が強いとの事。
最近休みの度にこんな天気でなんだかなぁ~。

今日の狙いはシロギスのちょい投げ&エギング。
ちょい投げはまだしも、エギングだとこの風はかなり辛い。
まあもっともメインはちょい投げなので、そんなに問題はないだろう。
とはいえ一抹の不安も残る為、候補に上げたポイントを下見するべく
早めに自宅を出発した。

いつもの餌屋さんでジャリメを調達してから、あちらこちら見てまわり
結局落ち着いたのは、南房HD堤防近くの小堤防(午前3時30分現着)
003_convert_20090916141851.jpg
<以前撮影した写真>

堤防に上がってみると風も弱く、心配したうねりも無い。
良いぞ~良いぞ~、今日は爆釣だ~!と一人で興奮する管理人(笑)

四苦八苦しながらなんとかジャリメを針に付け、うりゃ~と第ー投!
周りがほんのり薄明るくなっているが、仕掛けが何処に飛んだか皆目
見当が付かない(笑)
ま、仕掛けが海中なら問題ないでしょ。
"大ギスは夜釣りの置竿で"に従い、仕掛けを落ち着かせ様子を見る。
そうして数回仕掛けを投げ込むと、"ブルブル"とキスのアタリが来た!
早速仕掛けを回収すると、途中で抵抗を見せる。良型かな?
シロギス
<20cmちょいのキス君>

その後同サイズを1尾追加したところで、夜明けタイム。
南房夜明け

キス仕掛けを海に投げ、置き竿にしてエギングを開始した。
明るくなった堤防を見渡すと墨跡は皆無だ。
それに水深もあまり無いのでイカは厳しいかも知れないな~。
などと考えながらHD堤防を見るとすでにエギンガーがずらっと並んでいる。
釣れているのかな?最初からHDにすればよかったかな~?などと
少し後悔気味の管理人であった(笑)
エギング

とその時、ガタンと置き竿が落ちてズリズリ引っ張られている!
お、掛かったキスに巨大座布団か巨大平頭が食いついたか~。

ひぇ~、竿が海にお~ち~る~!!!

慌ててエギを回収し(内心かなり嬉しい)逃げる竿を捕まえると、強烈な引きだ。
なんだなんだ、なにが掛かった?
その興奮が冷や汗に変わるのにさして時間は掛からなかった。
釣れたのは…

おじいちゃんのボート漁船

エギングに夢中になっていて、船の接近にまるで気づかなかった。
こりゃ~、ラインと仕掛けを失ってキス釣りは終了かと思った矢先、
なんとか外れてくれた。ラインの傷を点検しつつ、仕掛けを回収すると
20cm弱のキス君が釣れていた(苦笑)

それにしてもシロギスは全く渋い。おまけに針付けしたジャリメも無事に
帰ってくる有様。場所が悪いのか、腕が悪いのか(腕のせいだな(笑)
イカもダメなのでこの堤防は諦め、エギングに専念すべく
隣のKY堤防に移動した。
KY堤防

堤防に上がるとなんと会社の他部署の3人が竿を振っている。
挨拶を済ませ様子を伺うと、朝からHD堤防でやっていたがまるでダメなので
少し前にこの堤防に移動してきたとの事。
HDでもイカはダメらしい。う~んイカは何処に行ったのやら…
この堤防の墨跡も古いものばかりで、厳しさを物語っている。

ここでは3時間程エギを投げて見たが、予想通り無反応。
南風がさらに強くなりエギングにならないので、三人に別れを告げ
風裏になるであろう富浦方面にキス狙いで移動した。

KKSに行ってみると赤灯堤防には先端まで黒鯛師がずらっと並んでいる。
やはり風を避けここに集まっている様だ。
混雑した釣り場が苦手なので、残念だが今日はこれにて納竿とした。

今年の南房アオリとシロギスは厳しいとの噂が聞こえてくる。
ボートではムラが有るものの順調に釣れているらしいので
居ない訳ではなさそう。
やはりこの春は天候不順で、陸近くの水温が低いのであろうか?
キスは何処に消えたのだろうか。

この時期のHD堤防は、堤防の色が変わる程の墨跡なのだが
この堤防でも厳しいとなると、どうしたものか?
来週はイカ狙いで外房にでも行ってみようかな。
そんな事を考えながら帰路に付いた。

<今日の寂しい釣果>
今日の釣果

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

本気投げタックル第1弾

6月に本気投げデビューを果たすべく、着々と準備を進める管理人。
その第1弾として投げリールを購入した。
一度に揃えられない所が貧乏アングラーたる由縁である(笑)

購入したリールは、シマノ スーパーエアロ スウィングキャスト。
実際手にすると大型でかなり重量級である。
これより少し安いダイワ製の投げリール(ウインドサーフ 35)があって
どちらにするか大いに迷った。 
WS35はとにかくデザインが良い。かなり格好が良いのだ(管理人は一目惚れ)
それにスウィングキャストより約50gも軽い。
この辺は流石にダイワである。
スウィングキャストがホントに無骨に見える。
シマノさんにはもう少し見習って欲しい所である。

両者には明確な思想の違いがある。
WS35は重量を軽くすべくスプールをアルミ製とし、小径化している。
小径化で犠牲になった飛距離を稼ぐ為、スプールに正テーパーを付けていている。

一方スウィングキャストは、飛距離とライントラブル回避の為
大口径ノーテーパースプールを採用。
大口径スプールで重くなった重量を少しでも軽くする為、スプールは樹脂製。

前者は軽量化を第一にして、そこから飛距離出す為の工夫。
後者は飛距離を第一にして、そこから少しでも軽量化する工夫。
でもこう考えると、アプローチは違えども目指す所は一緒なのかもしれない。

で、スウィングキャストに決めた理由は…
①個人的に正テーパースプールが好きじゃないから
 (ラインが一度にドバっと出そうで、精神的にフルキャスト出来なさそう)
②シマノが好きだから(爆)

スイングキャスト
ラインはPE砂紋 0.8号~6号テーパーライン。





テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ボート残酷物語!?

今日予定通り、職場のK君と富浦ボートキス釣りに出掛けたのだが…

管理人の釣果  
シロギス16㎝1尾 ヒイラギ、イトヒキハゼポツポツ。

K君の釣果
シロギス3尾(最大18.5㎝その他ピンギス) 豆サバ1尾、ヒイラギポツポツ。

なにこれ、ほとんどボウズ。なんだかな~!
嫌になった、とことん嫌になった。こんなの有りか~(号泣)
おまけに強風の為湾外には出られず、おまけに午後12時の早上がり。
連休で皆に釣られてキス君がお留守なんだと、自己暗示しなければ
爆発して暴れそう。


あまりにもキスが釣れずイライラしていると、突然K君から 
"うがぎゃ~"って悲鳴が…。
「どうした?」
「いや~、イトヒキハゼに噛まれてタマゲました~」だって。なんか妙に笑えた。
確かにイトヒキは良く噛むよね~。それに妙に歯が鋭いし。

<日の出ボート>
日のでボート

<カルガモ船団>
カルガモ船団

しかしボートは釣れるって先入観のせいか、この貧果には
ホントにガッカリした(泣)
情けない、実に情けない!!
ちっくしょ~、絶対リベンジしてやる。
本気投げで根こそぎ釣ってやる。待ってろよ~!!




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

釣行予定

最近職場の釣り人口を増やすべく、東奔西走している管理人。
なんと我が職場には管理人しか釣りをしている人間がいないのだ!

それで以前、管理人に格安でリールを譲ってくれたK君(K1)は
http://lfishing.blog93.fc2.com/blog-entry-18.html
完全に釣りの世界に引き込む事に成功した(決して宗教勧誘ではない笑)
そして最近もう一人のK君(K2)も、かなり釣りに興味を示している。
何でも釣り入門の本を買って密かに勉強中との事。
なので先日不要になったちょい投げタックル一式進呈した。
笑顔で釣りに行くと言っていた(勤務の都合上一緒には行けないが)

なぜこんな事をしているのかって?
これには深く恐ろしい計画が隠れているのだ。
その計画とは…

①あれこれ言って道具を買わせる。
②その後フォローをせずほったらかし。
③釣果が出ず釣りが嫌になる。
④釣りを辞める様に説得する。
⑤釣りを辞めた後、道具をもらうまたは格安にて譲ってもらう。


完璧だ。実に完璧な作戦だ。そして実に恐ろしい!
こうしてほしい物が我が物になる。フフフフフ~

な~んて冗談はさておき…
5月6日にそのK1君とボートキス釣行が決定した。
管理人自身ボート釣りは人生で2回目。
とても楽しみでワクワクしているのは言うまでもない(笑)

ボート屋さんは、富浦の日の出ボートさん。
http://www.uzushio.net/hinode/
親船に引っ張られて行く、いわゆるカルガモ船団である。

一抹の不安は、天候と潮周り(小潮)があまり良くない事だが
なんとか気合で吹き飛ばそう(笑)
餌は管理人の苦手なジャリメの他、ガルプサンドワーム。
それとエコギアから新発売された、ライブバイトシリーズ「特船イソメ」
http://www.marukyu.com/livebite/

さ~て、どうなりますか? 



プロフィール

シーバカ

Author:シーバカ
千葉県在住の
ヘッポコルアーマンです。
キャッチ&イートを目的に釣りをしているメタボ系オヤジです。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
タイドグラフ
天気予報
お気に入りメーカー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる