スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和むな~!?

トイレ啓蒙文

とある公衆トイレに張ってあった啓蒙文である。
利用者をゴルファーにたとえたもので有るが、何となく
可笑しさがこみ上げてくる。
雛形があるのかまったくの新作かは分からないが…
なんとも心が和む瞬間でした。



<ご挨拶>
いつもコメントして頂いている皆様。
通りすがりに立ち寄って頂いている皆様。
皆様方のお蔭で、何とかここまでブログを続ける事が出来ました。
今年一年、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました!

これからもボウズを自慢するブログに変わりは無いかとは思いますが、なにとぞ来年も宜しくお願い致します!
皆様方が良いお年を迎えられます様に…
スポンサーサイト

やっとキター!

毎年この時期になると頭を悩ませるのが、大掃除。
ウサギ小屋のわが家でも、1年の垢はかなり頑固である。
前もって少しずつ掃除していれば楽なのに、夏休みの
宿題の如く押し詰まってから腰を上げるのが常。
今年こそは早めの行動って事で、今日の予定は大掃除。

釣りに行けないならせめて、釣りブログでもと
何気なくかめやまこ師匠のブログを開いてみると…
なんと良型のシーバス君が誇らしげに写っている。
わぉ、マジですか~♪
そして外房一帯はシーバスが好調なのだとか!!
キーワードは鳥山。
そいつの下にはムフフな世界がまっているのだ(妄想)
もういてもたってもいられない(笑)

大掃除ってナンデスカ?

とアホなふりして、家族の静止を振り払い、R297を下る。
計画は勝浦~鴨川の各サーフ、漁港をランガンする予定。

がしかし…
某ポイントに到着後、早速ルアーを投げ倒すも全くダメ。
まあこんな事ルアーフィッシングには付き物だし気にしない、気にしない。

次のサーフ…
気にしない、気にしない。

次の漁港…
気にしない、気にしない。

次の鉄火場…
な~んも気にしない、気にしない。

小遣いが減った…
気にしない、気にしない(号泣)

冗談はさて置き…
明るくなってかあっちこっち偵察すると、全然鳥山さんが見えない。あれれ?どうしたんだろう。もしかしたらこの数日で海況がガラッと変わっちまったのか?。
まずい、まずいぞ~!
またボウズか?もうボウズはイヤだ~。

希望のロウソクが風前の灯の如く、これが最後と立ち寄ったポイントには…
ムフフ、鳥山さんだ(喜)
そしてその鳥山さん目指し、サーフから続いている小磯に入る。状況をチェックすると、シーバス臭がプンプン。
適度に濁りが入り、また所々サラシが発生している。
ここで管理人の妄想風船が爆発寸前なのは言うまでも無い。
そしてそのサラシの中にルアーを投入すると、

ゴゴン!

キター、シーバスのバイトだ!これこれこれだよ~。
久振りのこの感覚。興奮で心臓バクバク。
とフックアウト。あちゃ~、やっちまった~(泣)
嫌な予感がしなくも無いが、場所を先端付近に変えた。
するともっと大きなサラシが出来ている。
ムフフとニヤケながらサラシの向こう側にルアーを投げ
サラシの一番濃いところに差し掛かると…

ゴン!!

またキター!!
(ヒットルアー : sasuke120裂波 有頂天カラー)

先程ばらしたヤツよりバイトが強い。
こりゃ~、かなりデカイかも。
慎重にやり取りしながら引き寄せる。
足元まで寄って来た所で強烈に下につっ込み始めた。
くは~、強烈!湾奥のそれとは次元が違う。楽しい~♪

そしてナントかずり上げたのがこの娘↓(抱卵していた)
外房シーバス71㎝
実は現場画像をPCに取り込む際、デジカメで不要な画像を事前に削除していて誤ってオールクリアしてしまったので、自宅で撮った事後写真しかありません。
面白い画像も数点有ったのですが、後の祭りです(泣)



わが家ではこの娘1尾で十分なのと、長丁場で大変疲れたので、これにて納竿とした。

いや~久ぶり、ホントに久しぶりにまともな釣果。
シーバスとのやり取りもホントに楽しめたし、何より外房シーバスは美味しい。
定番のムニエルにカマと皮のから揚げ。そしてお造り…
妄想で涎を垂らしたアホ面のまま帰路についた。

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

うめっぺぇ(part2)

以前話題にした、海の駅 "うめっぺぇ"
釣った魚を買い取ってくれる貴重なお店である。

うめっぺぇ

今日夜勤に行く前に買取条件等の電話取材をしてみた。
釣った魚で小遣い稼ぎを目論む管理人。
果たして…

管理人
「もしもし、そちらで釣った魚を買い取っもらえる
 との事ですが、買取条件等を教えてください」

お店
「はい、釣った場所ですが、東京湾湾奥のような
 内海物はダメです。千葉で言えば外房、南房物
 ですねぇ。ちなみにどういったものをお持ちに
 なりますか?」

管理人
「ヒラメです(見栄を張ってキッパリ)」

お店
「ヒラメは買い取りますよ。状態を見させて頂いて
 からの値付けになりますが、基本的にそんなに 
 期待する様な値にはなりませんが。」

管理人
「そうですか。(少し弱気で)ではスズキやカワハギ
 などは?」

お店
「買取ります。以前お客様が小カワハギを沢山もって
 来られたのですが、カワハギは小型だと雑魚になり
 ますのでキロ数百円です。」

はぁ~、なかなか厳しい。
管理人の目論みは早くも暗礁に乗り上げたか?

管理人
「そうですか、なかなか厳しいですね(笑)
 正直たばこ銭位に考えたほうが良い…」

お店
「その様にお考えになった方が無難でしょうね。カツオ
 なんかも日によっては数十本で数千円なんて、事が
 ありますから、ご参考にしていただければ…」

この時点で完全に目論見が、ガラガラと音を立てて
崩れ去るのを感じ取る管理人であった(笑)


管理人
「最後にアジはどうでしょう?南房で釣った尺アジは?」

お店
「大アジはお客様には好まれないんですよ。
 刺身にしても、焼き物にしても大き過ぎるのでね。
 ちなみにクロアジ(沖の回遊アジ)はダメです。」

確かに店内でアジ(小アジ)は大量に販売していたので
やんわりしたお断りかも?

お店
「とはいえ、良い物が釣れた際にはぜひお持ちください。
 魚を見させて頂きますので。」

管理人
「ありがとうございます。今はヒラメを狙っています
 ので釣れた際にはもって行きます(あくまで妄想)」

お店
「お待ちしております。」

当然といえば当然だが、やはり考えは甘かった。
とはいえ、ヒラメ、スズキなどは釣りのガソリン代の
足しにはなりそうである。
管理人の場合それだけでも十分小遣いになるが、
釣れないもんな~(笑)

ちなみにヒラメなどの魚は活け締めした方が良いとの事。
神経締めが出来ればアピールになるかもね(笑)

今度釣れたら持って行って、売買交渉の一部始終を
記事にしたら面白いかな~?

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ただそれだけ

今日はかめやまこ師匠と共に、ヒラメリベンジ釣行。
前回のヒラチャン釣行ではコテンパンにやっつけられているので、なんとかガツンと仕返ししたい所だが、さてどうなる事やら。

現地にはAM2:30に到着。
師匠はすでに到着済みだが、駐車スペースがなんだか混んでる。
いつもは余裕で駐車出来るのだが、今日はかなり窮屈。
嫌な予感がしたのでヒラちゃん堤防を恐る恐る覗くと…
アジ釣り師が大勢いる!

ありゃりゃ、困ったぞ~、このポイントは釣り座が限られているのでおそらく管理人が入れるスペースは無いかもしれない。
ポイントに到着すると流石、師匠はいつものお立ち台を
キープされている。
管理人は当然の如く入るスペースが無い。
いわゆる "お呼びでない" 状態だ(笑)

仕方ないので師匠から簡単にレクチャーを受け、誰もいない近くの堤防でアジングをする事に。
今日の仕掛けはMキャロ(N-8g)
気合を入れて投げる、投げる、投げる!
やっと反応が出た来た所で、漁船出港ラッシュでアジ君
さいなら~(泣)
そして夜が明け…ただそれだけ。

師匠はというと大変珍しい魚を釣り上げている。
こんな魚がこんなところで釣れるのがビックリ!
しかしこの魚ホント変な魚だな(笑)
見れば見るほどなんか笑えるが、美味しい魚なのでうらやましす!

アジ釣り師もポツリポツリ帰りだした為、ヒラちゃんポイントになんとか入り、スピナーテールやらワームやらバイブレーションを投げ倒すも…ただそれだけ。

駐車スペースに戻り反省会の後、師匠から"例のブツ"を頂き 、以前シーバス、ヒラメの大爆釣大会があったというポイントを師匠と偵察して解散……ただそれだけ。

ただそれだけ ただそれだけ ただそれだけ…


お坊さんⅡ


*業務連絡*
 千葉近海のヒラメは絶滅しますた!




<例のブツ>
例のブツ

前回のヒラちゃん釣行時、カゴアジに興味がある旨を師匠にお話しした所、なんと遠投磯竿を頂けるとの事(喜)
傷だらけだとの事だが、ありがたく、ありがたく頂戴した(笑)

かめやまこ師匠、ありがとうございました!
大切に使わさせて頂きます!

テーマ : ソルトルアー
ジャンル : 趣味・実用

うめっぺぇ

最近、近所(車で10分程度)にオープンした
海の駅 "うめっぺぇ"

うめっぺぇ
うめっぺぇ2

店内に入ると、魚介類、野菜や果物などが並んでいる。
野菜類は地元農家提供で新鮮そのもの。
魚介は朝水揚げされたものがその日の内に
提供されるそうである。
確かに魚は目が綺麗で新鮮そうだし、値段もスーパーよりは割安である。

しかし魚種は少ないな~(笑)
当店は"魚屋です"との張り紙がしてあるが、圧倒的に野菜のほうが多い(爆)
良い様に解釈すればオープンしたばかりでお客がまだ少なく、新鮮な魚を大量に並べるにはリスクが高いという事だろうか?
だとしても、そんな弱気な経営で良いのだろうか?
まあ管理人は経営学には全く疎いので多くは語れないが(笑)

うう~ん、なんか正直パッとしないな~。



しか~し!
このお店には隠し玉があったのであ~る。
それは…




釣った魚 を買い取ってくれる事。

買取価格などの詳細は分からないが、これは嬉しい話だ。
釣り場での会話で、釣った魚を地元の魚屋で買い取ってもらっているって話はたまに聞くが、それも信頼関係が有っての事だと思う。
このうめっぺぇの様に売る者拒まずな姿勢は歓迎したい!
ヒラメなどきちっと〆てあれば良い値段で引き取ってもらえるかも♪

太公望の皆様、沢山釣れたら寄ってみてはどうですか?
もっとも管理人の場合、売れるほど釣れないので
他人事ですが(爆)

道の駅 うめっぺぇの地図


投げカワハギ考

以前、シロギス仕掛けで偶然に良型のカワハギが釣れて以来、その釣味と食味に完全にイカレてしまった管理人。

カワハギ2
関連記事↓
http://lfishing.blog93.fc2.com/blog-entry-41.html

愛くるしい姿からは想像できない程の強烈なヒキときたら…
楽しすぎる!!

そしてキモ和えにした刺身の旨さときたら…
旨すぎる!!
それに不器用な管理人でもカワハギは捌くのが簡単だし(喜)

管理人の乏しい釣り知識の中では、カワハギは船で釣るものだと思っていた。
偶然に釣れて堤防ではしゃいでいると、近くの漁師さんが
「今は産卵期だから浅場にいるお、まだまだ釣れっぺおー」
いわゆる乗っ込みの事だ。

この出来事で初めて陸からカワハギが狙えることを知るのであった(遅)
キスの外道で、たまにカワハギも釣れるらしいって事は知ってはいたのだが、まあ偶然でしょ位の認識しかなかった。

で、実際にキス釣りと平行してカワハギを狙うも悶絶の日々。
アタリがあっても針掛りしなかったり、途中でバレたりとか
アタリが全く無いのにエサだけ綺麗に無かったり…
とにかく釣るのが難しいのである。
まあ、この辺が熱くなる所ではあるが、釣れない事には
"何をかいわんや" である。

そんなこんなで来年の乗っこみ期にも勿論狙うつもりでいる。
なので今後の為に今までに少し解った事を、まとめてみた。

釣り方
管理人の場合、投げ釣りで狙う。
何故かと言えばこれしか知らないから。
同時にこれでシロギスも狙えるので、ボウズ逃れになる。
それと投げでカワハギ狙っている釣人があまり居なさそうで、
ものに出来れば美味しそう。
といういやらしい魂胆もある(笑)

もっとも村越正海氏のキャスティズムでは投げカワハギを
紹介しているのでま、新しくは無いでしょう。

ポイント
乗っ込み時期であれば、堤防から十分に狙える。
磯に隣接した堤防や根、藻場が点在する堤防がベスト。
磯場は、根の切れ目などの海底の砂地を狙う。
なのでキャスト精度が悪いと海に散財する羽目に…

タックル、仕掛け
管理人の場合竿はシーバスロッドを使用(錘10号負荷程度)
乗っ込み時期であればさほど遠投も必要ないのでこれで十分。でも遠投できるに越した事は無いが…。

メインラインはPE0.8号~2号程度。
管理人は感度重視の為0.8号を多用している。
根回りで0.8号は細いように思うが、最近のPEは擦れにも
強くなっているし、これでPEが切れた事はあまり無い。
もっとも根が鋭ければ、どんなラインでも切れるでしょう(笑)
そのPEにはフロロカーボンリーダー(5号~7号程度)を結ぶ。 メインラインが細い為2~3mとする。

錘はジェット天秤。
村越氏は胴付き仕掛けを推奨しているが、感度命の管理人はジェット天秤仕掛け♪
キング天秤ならば10号錘でも足が長いので、絡み防止に最適。
その先にホンテロンかフロロカーボンハリス3号40㎝の1~2本針。
針はカワハギ用キツネタイプか丸セイゴタイプが良さそう。

エサ
虫餌(アオイソメ)しか使った事がないが、反応は上々。
これで十分かも知れないが、来年はアサリも使ってみようと思う。
虫餌のつけ方は針と同じ位か、タラシは長くても1㎝位。
針先は出した方が掛が良いようだ。

アタリの出方、あわせ方
仕掛けを投入したらゆっくりサビいてくる。
この時ラインにたるみがあるとアタリが取りにくいのでピント張る。
この仕掛けだとアタリはコツコツと明確に伝わるので、アタリがあったら聞きあわせをしてみる。
ここで生体反応があれば本あわせ。鋭くビシッと。
向う合わせはほとんど望み薄。

エサ盗り名人故、知らぬ間に餌をかじっている事があるので
アタリがなくてもたまに聞きあわせするのも有効。

************************

こんな感じの仕掛けと、アワセ方でかなり口の小さい木っ端
カワハギを釣っているので方向性は間違いないと思う。
カワハギ2
本来カワハギは海底の砂地に水を吹きかけて、砂の中に隠れている餌を捕食する習性らしいので、餌が底にある投げ釣りは利にかなっていると思う。
それに好奇心旺盛なので(某番組の水中映像で確認済み)
仕掛けを派手にして積極的に誘いをかける釣り方は、
ルアーフィッシングにも通じる。

釣って楽しいカワハギちゃん。
食べて美味しいカワハギちゃん。


カワハギちゃん 大好き♪

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:シーバカ
千葉県在住の
ヘッポコルアーマンです。
キャッチアンドイートを目的に釣りをしている、メタボ系オヤジです。

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
タイドグラフ
天気予報
お気に入りメーカー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。