スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り納め!

今日は今年の釣り納めって事で、南房サーフでルアー投げてきた。
狙いはもちろん釣れないヒラメ!

相も変わらずヘッポコな釣果故、ここで座布団ドカンと揚げて有終の美を飾りたい所である。
いわゆる、"終わり良ければ全て良し" を実践したいところであるが…

果たして今回もグリングリンの丸坊主(泣)

<平穏なサーフは何もおきなかった>
南房サーフ

ほ~~ら、やっぱりね!
最初から釣果なんて期待していないし…
釣れない釣りを延々暇潰しの如く行っているだけなのである。
そこには釣り理論やテクニックなど一切存在していないのだ!
なぜならそう、当ブログは


ボウズを自慢するブログ


なのだから(笑)

ということで、今回も大笑い釣行だった。
そしてお決まりの…
修行


ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


今年一年、稚拙で更新回数も少ない、釣れないブログにお立ち寄り下さった皆様方に心より御礼申し上げます。
皆様方のコメント及びアクセスに勇気をいただき、なんとかここまでブログを続ける事が出来ました。
来年も益々釣れないブログに磨き(笑)を掛ける所存でございます!

どうぞ良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

君じゃないんだけどな~!

最近南房サーフでのヒラメ釣果が、徐々に上がってきているのだとか…
そういえば南房サーフは3年近く行っていないな~!
ついつい近場の外房サーフに出撃しては撃沈の繰り返し。
釣果が良いなら遠くても行くっきゃないでしょう!

そんなこんなで今日は南房サーフでルアーを投げる事に。
狙いはもちろんヒラメ。
ここいらで一発ドカンと釣りたいものである。

出発は15日午前11時30分。
夜勤明けで帰宅し、シャワーと軽い朝食を済ませ
いざ南房へ。
久ぶりの南房サーフ故、明るいうちに状況を知りたかのだが、如何せん夜勤明けでの釣行は自殺行為(笑)
これが後にうわーに発展する事は、まだ知る由も無かった。

ポイントに到着後、早速サーフに出ると前日の低気圧通過の影響か、うねりが入り結構荒れている。
002_20111216202902.jpg

うひゃ~、全然状況なんか掴めないや~(泣)
でも風が無いだけましだな。
離岸流を探し歩いていると、何となくそれらしい場所を見つけたのでここで試し投げすることにした。

ルアーはサスケ裂波120。早速第一投ビシュ!
うう~ん

最高~!!!!

やはりサーフでルアー投げるのは気持ちが良いな~(喜)
なんて得意のアフォ面で完全に逝っちゃっていると…
突然大波を食らってしまった。
その刹那バランスを崩してオロオロしていると、強烈な引き波で足払いを食らう。
そのまま背中からもんどり打ってしまった。
もちろん背中は大洪水。

うわ~、やっちまった~!!

寝不足で完全に足に来ていたらしい。
踏ん張りが利かず、この有様だ、クソ!!
テンション急降下で、ショボ~ンと車まで引き返す管理人。
仕方が無いので脱げるだけ脱いで車内で乾燥させることに…
夜はアジングでとも思ったが、これじゃね。
おとなしく車内泊で睡眠をとる事にした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌朝4時にアラームで目が覚める。
車内泊故、完璧な熟睡ではないがそれでも元気百倍
アンパンマン(爆)

昨日見つけておいたポイントに入る。
月明かりは有るがまだ暗い為気張らずのんびりルアーを投げる。
そして周囲がほんわか明るくなって来た所で、いよいよ本気投げ開始だ。
009_20111216202901.jpg
<明るくなってからの写真>

ビシュ!!っと裂波が唸りを上げ飛んで行く~!!
か~、素晴らしいなんて巧い投げ方なんだろう(自画自賛)
そんな脳内麻薬にやられながら数投目…

ゴン、ゴゴン

来た~、そして電撃フッキングをかますと、明らかな生体反応が。よし!掛かった~!
が、しか~し、引きがヒラメのそれとは明らかに違う。
グングングンと底に引っ張るような感触ではない。
これは青物かシーバスか?
しかしそれにしても良く引くな~。く~う最高に面白い!!!
そして揚がって来たのは

体高のあるシーバスちゃん(メス)
005_20111216202902.jpg

ホントは君じゃないんだけどな~(笑)
とはいえ、南房シーバスが釣れて正直嬉しい。
もちろん食べて美味しいしね。
次、次、次はヒラメ釣るぞ~。
と気張るがそれから全く反応が無い。
完全に陽が昇ると向かい風がかなり強くなって来た。
これではミノーは辛いので、バイブレーションに変え投げると一投目で根掛り&ラインブレイク(号泣)
仕方が無い。シーバスが釣れてボウズ逃をれているし、今日はこれにて納竿としよう。
ヒラメは次回って事で…

<今日の釣果 シーバス63㎝>
011_20111216202901.jpg


帰宅後ありがたくシーバスを捌いて見ると、ギャル曽〇よろしく胃袋には大漁のベイトが詰まっていた。
これからベイトが寄っていれば爆釣が期待できそうである。
そんな楽しみを残した南房釣行であった。


テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

どこに行ったんだよ~!

前回の釣行では怪我の功名的にカミナリ様を釣る事が出来た。久ぶりのエギングだったし、やはりイカ釣りは面白い。
そして何より食べても抜群に旨い。
誠に素晴らしいターゲットである!

その時はかなりの個体数が確認できていたので、水温の急落さえなければしばらくイカ祭りが続きそうな気配であった。
と言うことで今日の釣行はヒラメはさて置き、エギング一本
勝負とした。
ポイントは前回と同様、南房某堤防。

いつもの様に深夜のR16を静かに南下する。
何気なく養老大橋の気温計に目を向けると…

5℃

寒さには滅法弱い管理人であるが、大丈夫!!
頭の中は釣ったイカで晩酌をやっている妄想でパンパン。
揚げたて熱々サクサクのイカフライでビールを飲むのだ♪
もちろん風呂上りのポカポカの体で…(笑)

得意の妄想アフォ面で現着は午前4時。
早速堤防先端に釣り座を構える。
海面をヘッドランプで照らすと、先週あれだけいたベイトが全くいない。

あれれれ~~~?なんか嫌な予感が…

まぁ、考えていても仕方が無いのでいざ実釣だ。
ジグヘッドをスナップに付け(オイオイ、イカ一本勝負じゃなかったんかい)海底付近を探る。
が、やはり何か変だ。前回あれだけあった"イカパンチ"がまるで無い!
もちろん御ヒラ様からの回答なんかあ~りゃしない(笑)

結局夜明けまでワーム投げるが異常なし。
そして予定通りここからエギング一本勝負にでる!
セフィア・ゲーム
いつもの様に3.5号エギに2号ナス錘をスナップに付け

投げ倒す!!!

投げ倒す!!!!

投げ倒す!!!!!



イカ~~ん

じぇえんじぇえん釣れましぇえん~(号泣)
やっぱりだ、予感が的中だ~。

もうダメだ。寒くてたまら~ん(心も)
これ投げたらもう帰えろうと、ラスト一投。
すると…
チビカミナリ君

こんな可愛い子がやっと一杯釣れた(笑)
でも今更こんな子誘拐しても仕方が無いので、海にお帰り頂いた。

何とかボウズ逃れが出来たし、今日はこれにて納竿とした。
それにしてもカミナリ君どこに行ったのだろう。
先週はあんなに沢山いたのに。
もっとも昨日の爆釣は当てにならないし、一週間も経てばね…

そうだ!イカフライでも買って帰えろおうっと♪

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー

帰り道の県道88号線を走っていると、管理人にピッタリの場所を思い出した!
前回のワーム刺し間違いなど、最近仕事でもお頭のほうが????
なので立ち寄ってよ~く拝んでおきましょう(爆)


<ぼけよけ地蔵尊>
ぼけよけ地蔵尊

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

装着ミス!?

前回の釣行ではヒラメメインでの釣行であったが、
メインターゲットからの魚信はまるで無かった。

何とかカミナリちゃんが釣れたので、ボーズは免れたが…
エギが無かったら完全に "やっちまった" になるところだった。
まぁ、やっちまったは管理人の常時であり、管理人らしいのではあるが…
やっぱり釣りに行って魚が釣れればそりゃもう嬉しいのだ(笑)


で、本題である…
管理人が堤防からルアーでヒラメ狙う場合、多用するリグがスピンテールジグとジグヘッド+ワームである。

中でも底が砂地で根掛りしにくい場所で使用するのがこれ。
<マリア・スケルトンヘッド18g>
スケルトンヘッド 18g

ワームを真っ直ぐ刺すだけで準備完了と、不器用な管理人には誠に使い勝手が良い。
そしてトリプルフックが前後に装着されているので、抜群の
フッキング率だ!
コイツを堤防から投げ、リフト&フォールで誘う。

で、前回の釣行時、何故かリアーフックがワームの尻尾に絡む事象が多発した。
これではワームのテールプルプルが大幅に制限されて、アピール度がた落ちである。
そして何より水中での泳ぎが不自然になってしまう!

いつもはこんな事は無いのに不思議だ?と自宅で考えているとついに、ついに、原因が判明したああああ!!!!


ワームのサイズが小さっ!!


ガクッ、なんじゃそりゃ~~

いつも5インチのワームを刺すのに何処でどう間違ったか、
4インチのワームを装着してしまっていたのだ。
ワーム4インチ 5インチ
<上が5インチ、下が4インチ>

たかが1インチされど1インチである。
この差はとてつもなく大きい(オーバーだなぁ)
こいつが泳ぎだし、水の抵抗でリアーフックが後ろに行くと…

からみ状態

ほ~らね!
これじゃ~フックがからむのも当然。
こんな事、自宅に帰るまで全く気付かないなんて。

やっぱりあれだ。とうとう来てしまった様だ。

〇呆〇…

うわわわ~、嫌だよおおお~~(号泣)

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

久ぶりのエギング!

先週よりひいていた風邪も良くなり(声はまだ変)体調もすこぶる良くなった。(釣行日11月30日)

これでやっと、やっと釣りにいけるじゃ~ありませんか!
と久しぶりの釣行の前でワクワクドキドキ。
まるで小学生の遠足前夜の様相(笑)

バナナはおやつですか食事ですか~

こんなハイテンションのまま深夜のR16を南下する
今日の狙いはもちろん懲りずにおヒラ様。
ポイントは以前ワームをかじられた南房の某堤防。
今回こそ何とかおヒラ様のご尊顔を拝したいものである。

ポイント到着は午前4時。
道具を用意し、堤防に上がるとほぼ無風でそんなに寒くもない。
そして海面をヘッドランプで照らすと、無数のベイトが泳いでいる絶好のコンディション。

ムフフフ、こりゃ~釣れたも同然だな!!

早速ワームを用意して臨戦態勢だ。
(マリア・スケルトンヘッド18gにエコギアパワーシャッド)

グロウ系のワームにUVライトで発光させて、ワクワクの第一投。
取りあえずリフト&フォールで底を丹念に探る。
そうして数投目に着底寸前でコツンとなにやら反応があった。

ん?何の反応だろう?
と首を傾げながら投げているとまともやコツン。
念の為合わせを入れてみるとスカ。
うう~、なんだろうな~、何がいたずらしているんだ?
回収したワームも無傷で特に変化はないし…

不思議な感覚にとらわれながらも、ワームを投げ続けているとやはり底付近でコツン。
それも必ず単発で終わる???

そうだ、こいつはきっとあれだな…


そしてバックから取り出したのは


"エギ"


水深があるので3.5号エギに2号ナス錘をスナップに付けて底付近を探っていると…

"クン"

すかさず合わせるとロッドに重みを感じた。


"乗った~!!"


やっぱりそうか!反応はイカパンチだったのね~(笑)
カミナリ君1号
<今年の初カミナリ君>

ズバリ読みが当たって大喜びの管理人。
グワッハハハ~(頭がイカれた)

そして朝マズメまでにもう一杯追加後、ここから怒涛のイカラッシュが始まる(驚)

がしか~し、である。
ほぼ1.2投に1度アタリがありエギに乗るのだが、途中でバレるか身切れでゲソが鼻水の様にカンナから垂れ下がるお粗末な状態。

そう、原因はシーバスロッドである。
イカ釣りには完全に硬すぎる。
抵抗した時のロッドの反動が強すぎ、ショックを吸収しきれずに身切れを起こしている様だ。

今回取りあえずエギは持参していたのであるが、あくまでも念のためでありエギングロッドはいらないだろうと持ってこなかった。

改めて専用ロッドの必要性を感じた次第である。

そしてやり取りに悪戦苦闘しながら、今日最大のカミナリ君を揚げた所でイカ終了!
カミナリ君2号
<胴長23センチの良いヤツ>

完全に陽が昇ったところでカワハギ釣査もしてみたが…
002_20111201155351.jpg

こんな子が2枚のみで海にお帰り頂いた(笑)
ワッペン君


<今日の釣果:カミナリイカ7杯>
カミナリ7杯


今回またまたヒラメは不発だったが、まだヒラメには水温が高い様だ。
時折ワカシの大群がベイトを元気一杯追い回していた。

まぁ、その分今後に期待が持てるので諦めず、これからもヒラメメインで狙って見ようと思う。

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:シーバカ
千葉県在住の
ヘッポコルアーマンです。
キャッチアンドイートを目的に釣りをしている、メタボ系オヤジです。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
タイドグラフ
天気予報
お気に入りメーカー
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。